森会長就任挨拶

 

2020-2021年度 会長 森 豊

 

 

 

 テーマ「未来のために種蒔を!進めようロータリー」

 今、新型コロナウイルス感染症は急速に流行して、もはや地域限定の問題ではなく、全世界的な問題です。なかなか終息が見えて来ない状況ですが、ロータリーは、止まってはくれません。
 鈴鹿西ロータリークラブは多くの諸先輩方の努力のおかげをもちまして36年を迎える事となりました。今年度、第36代会長を拝命することになり、伝統の重みと責任の重大さに身の引き締まる思いでありますが、微力ながら精一杯努めてまいりますので、宜しくお願い致します。
 さて、本年度RI会長ホルガー・クナーク氏(ドイツ、ヘルツォークトゥム・ラウエンブルク・メルン・ロータリークラブ所属)は、テーマを「ロータリーは機会の扉を開く」と定められ、ロータリーとは、クラブに入会するというだけではなく「無限の機会への招待」であると述べました。
 これを受け第2630地区ガバナー剱田廣喜氏は「伝統的日本ロータリーの文化を輝かせ、真のイノベーションへ」こう地区の活動方針テーマとされています。
 地区方針は、剱田ガバナーの信条です。単に昔に戻るのではなく、むしろイノベーションのために、改革のためには本質的なものに戻る、本質を見極めるということです。さらに、元になる精神を根底に、一体どういう方向に何を改革するのかということが大切。と言われています。
 具体的な地区目標は1.RI会長テーマおよび協調事項の推進2.RIロータリー賞への積極的なチャレンジ3.新しいRI戦略計画の推進4.会員増強・会員維持・クラブ拡大5.青少年育成の推進6.ロータリー財団補助金の積極活用と寄付への理解・推進7.米山奨学事業への参加と推進8.例会は週1回、メークアップは前後2週間を推薦。となっています。
 私たちロータリアンは「自らの「職業」を通じて世の中に奉仕する」という理念を実践すべく様々な考えをもとに活動を続けて参りました。
 職業奉仕そして4つのテストという言葉で表現していますが、10年前にロータリーに入会した当時は何が何やらさっぱり理解出来ませんでした。10年経った今、私自身天寿を全うするまで理解する事は無いかもしれませんが、ロータリーを通じてこの様な機会を与えて頂ける事に心から感謝しております。
 更なる発展をして行けるように今年のテーマを「未来のために種蒔を!進めようロータリー」とさせていただきました。
 諸先輩方がたくさんの種をまき花を咲かせたように、未来に沢山の花が咲くよう勇幹事、役員、委員の皆様と共に新たな種をまく一年とさせて頂けるよう頑張って参ります。
 どうか皆様ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。